マスタリング前の『2MIX』がすごく大事。2ミックスの方法

 

2ミックス。。。

マスタリングの前の作業で、ここでしっかりした2ミックスが出来ていないと、マスタリングでどうにもなりません。逆にここですごく良いと、マスタリングで更に良くなります。

ここでは、2ミックスを行う際の注意点、方法などを書いています!

・ミックス前に音を整えよう
・楽器を整理しよう
・対比式で音のバランスを聴こう
・リファレンスの音楽も聴こう

 

マスタリング前の『2MIX』がすごく大事。2ミックスの方法

ミックス以前の音作りのはなし。コンプとイコライザー

ミックス 建築

それで、これから2ミックスの話なんですが、ミックス以前にそれぞれの音がしっかりしてないと、ミックスも上手くいきません。

音楽って建物や料理と似てて、基礎になるそれぞれの素材がしっかりしていないと、その上に立つ『2MIX』という建物もグラグラになります。そして、そのグラグラの建物をマスタリング取り繕っても、やはり限界があります。

 

 

こんなミックスだったら。。。

個人的にこの写真みたいなミックスだったら。。。最高!偶然ネットで見つけた写真なんですが、これをみて気付いたことがありました。

この写真の建物が、本物か模型か分からないですけど、本物だとしたら、すごい設計じゃないですか?美しいかどうかは個人の好みですが、僕は好きです。逆にこういう風な建物を作るのは、普通の建物より高度な設計が必要なことが分かると思います。個人的にはこんな設計で音楽作れたら最高です!あとこんな感じとか(Hundertwasser Haus)。

フンデルトヴァッサーハウス

 

それは置いておいて、ミックスで、まず最初に大事なのがそれぞれの楽器がちゃんとした音で鳴っていることです。

ということで、まずイコライザーやコンプ、エフェクトなどを使って素材を磨きましょう!!

 

イコライザー(EQ)を使って楽器の音の住み分けをしよう

イコライザーで音域をしっかり分けておくこともスッゴク大事なことです。

音域を操作する『イコライザー』の使い方が分かるようになる話
ここではイコライザーの機能、使い方ついて書いてます。 ・EQを使う前の準備 ・イコライザーの簡単な説明 ・音域について知ろう ・音域ごとにイコライズして音色を作ろう 楽器別のイコライジングはこちらで書いてます。 ...

 

コンプを使って音質を整える

コンプが使えると音を操れる幅がスッゴク広がります。

それと、マスタリングなどでもコンプは使われるので、もう色々最強です。

これを機に覚えてしまいましょう。

まずはコンプの基本構造

【DTM、DAW】コンプレッサーの基本の構造を分かりやすく説明
こんにちわー!ここではダイナミクス系エフェクターと言われるコンプレッサー/リミッターについて説明します! 上の写真は名機 TELETRONIX LA-2A です。これは、WAVES のプラグインでも出てますね。 ...

それから使い方

【DTM】コンプの使い方、使う場所をわかりやすく説明
前回の記事でコンプの基本的な構造、操作方法などを紹介しました。 そして、今回はコンプの実際の使い方です!書いてあるのは、 ・コンプ設定の方法 ・コンプ設定の手順 コンプも大事なんですが、イコライザーも同じくらい大切で...

 

楽器順に並べよう

そして、これから2MIXに入るのですが、まだ早い!

まず楽器を綺麗に並べます。

それで、この時に楽器をグループ化して『ステムミックス』を作ると、もっと分かりやすくなります。

 

ステムミックスを作ろう

ステムミックスというのがありまして、それは細かい楽器を大きな括りでまとめたものです。

上の写真はCubaseですが、プロツールスでも『グループ化』っていうのが出来ます。そのグループ化をするとそのグループ全体の音量を変えたり、グループ全体にエフェクトをかけられます。勿論、個別に操作も出来ます。

ドラムはドラム。パーカッションはパーカッション。キックとベースは低音組として分けます。

特に並べる順番は無いですが、ボーカルがある場合はやっぱ1番上がなんか落ち着きますよね。一番のメインですし。そうすると、やっぱ低音部隊は1番下がいいですね。

ミックスしていこう

やっとここまでで、ミックスを始める準備が出来ました。これからミックスを始めます。

 

アナライザーを使おう

アナライザー

ミックスは聴くだけじゃなく、目で確認することも大切です。上の写真はWEVESですが、iZotope もいいです。

WAVES, iZotope プラグインエフェクターでさらに音に自由を!音圧を!
いざミックスするにあたってDAWソフトに入っているエフェクターでも出来ますが、WAVESなどのプラグインを使うとさらに素晴らしいことが出来ます。 ちょっとサウンドハウスで値段見てみたら90%OFFの1万円程度で買える!! ...

 

対比式ミックスで音を比べながらミックス

この対比式ミックスというのは、音圧アップのためのDTMミキシング入門講座!という本に書いてあった方法です(この本はスゴク分かりやすいし、音源をもとに実戦形式で学べるのでおすすめです)。

全部の音を出しながらミックスするのではなく、一個ずつ音を足していって、その音同士のバランスを聴いてミックスしていく方法です。

なので、まず音のバランスがどの程度であるべきなのかを知る設計図が必要になります。その本ではポップ音楽を例にとって説明しています。

 

ミックスのための設計図を作ろう

こんな感じで音のバランスを設計しておいて、一個一個音を足しながら、ミックスしていきます。

この図だと濃い青がキックで、水色がベース。高音部の明るい黄色がタンバリンとかです。

音楽によってメインとなる楽器は変わると思いますが、やはり基礎となるのはリズム隊(ドラム、ベース)だと思います。最初はキックだけを-5dBに設定して、そこからスネアのバランスをとって、次々やっていきます。

この時バランスをとるのは『聴覚上の音量』で、メーターをみてバランスをとるわけではないのであしからず。

 

頭に音のイメージがあったら、それを最初に書いておいてもいいですし、こういう音が作りたい!っていう音楽があるなら、それを聴いて音を一個ずつ分解して、書いておくのもいいですね。

電子音楽だと、曲作りながらミックスするみたいな感じが多いのかなと思いますが、その場合は逆にその音量バランスを聴いて、絵にしてみるとか。そうすることで、客観的にミックスを聴けます。

 

リファレンス(参考音源)と聴き比べよう

『こういう音が作りたい!っていう音楽があるなら』って上で書きましたが、そういう参考音源を『リファレンス』と言います。ミックス以外でもマスタリングの時なんかでも、途中で聴き比べて方向性が合ってるか確かめます。

マスタリングされてる音源と比べるわけなんで、参考程度に。

リファレンス。おすすめです。

 

色々な音楽を聴きながら、そのミックスバランスを考えてみる

この世には色々な音楽があります。ジャンルによって全然ミックスバランスも違うので、音楽を聴きながらミックスバランスを考えると自分の引き出しも増えますよ!

 

まとめ

ということで、ミックスの方法を書きました。商業目的だったらある程度『型』みたいのがあるんですが、自分の音楽だったら、

フンデルトヴァッサーハウス

こんな感じで行きましょう! 笑